2


2.五行説を使って身の回りの人間関係を円滑にさせる

KOHCH(コーチ)気学では、「木・火・土・金・水」の5つの要素を、私たち人間にあてはめて考えます。
五行説を使って、「木・火・土・金・水」がつながるように考えて、人間関係を円滑にさせ、気のめぐりを整えましょう。

例えば、木星の人が土星の人と、円滑に付き合うには火星の運気を取りに行くか、火星の人を間に入れることで、物事は上手くいきます。


Top