3


3.方位を使って自然界のパワーをいただく(祐気取り)

もっともシンプルで効果的な開運法が「祐気取り」です。
「祐気取り」とは自分にとって良い日時に吉方位に行き、その土地のパワー(気)をいただいてくるという方法です。
自分にとって良いパワーをいただいてくるので、ギスギスしていた気持ちが大らかになり、モチベーションが上がってきます。
そうすることで、自然と良い運気を引きよせる力が増加し、良い気がめぐるようになってきます。
KOHCH(コーチ)気学では、心が柔軟で無垢な状態になると、運を引きよせる力は倍増し、幸運を受け取る準備ができると考えます。

KOHCH(コーチ)気学で大切にしたいのは、日々の行動です。
盤の法則など難しいことは考えず、自分に必要だと思う運気を与えてくれる方位に行ってみる、
という積極的な行動がプラスを生むと考えています。
日頃から開運行動を重ねていれば、不思議と自分にとって負になる行動にセーブがかかってくるようになります。
もっとも簡単で効果的な吉方取りと、日常の行動を組み合わせることで、
あなたの願っていることを形にする時間はどんどん近づいてきます。

四角四面の法則にとらわれ、頭で難しく考えるより、
「ここに行けば幸せになれそう!」と考える無垢な心が開運には一番必要なのだということを知ってください。


祐気取り

KOHCH(コーチ)気学で運気を上げる方法に、祐気取りがあります。
運気の良いところへ出向き、その場所の良い運気をいただいてくるという方法です。
五遁の術(ごとんのじゅつ)と呼ばれるその行いは、陰陽五行説に基づき以下の5つに分けられます。

木遁の術(もくとんのじゅつ) 吉方位で自然にふれあう(森林浴など)
火遁の術(かとんのじゅつ)  吉方位の神社仏閣で頭を垂れる、芸術に親しむ
土遁の術(どとんのじゅつ)  吉方位の土をいただく(ご神木を支える土、神社でご祈祷済みのお砂やお土)
金遁の術(きんとんのじゅつ) 自分のつけている貴金属を吉方位に埋めてくる、吉方位の貴金属を身につける
水遁の術(すいとんのじゅつ) 吉方位の湧水をいただく

日本は名水の多い湧水群の島国で身近な存在であると同時に、お水を頂くという達成感がある行為で初心者にも受け入れやすく、
一般的な方法とされています。
神社でご神水をいただけば、水遁と火遁の術を同時に行うことができ、
源泉掛け流しの温泉は木火土金水全ての運をいっぺんにいただくことができます。

生水を飲むことができない海外等の場所では祈願符(和紙)に願い事を書いて、
吉方位の土に埋めてくる方法が良いとされています。

詳しくはKOHCH(コーチ)方位MAPでご確認下さい。
こちらをクリック


Top